原料のこだわり

福井県の気候と玄そばの関係

カガセイフンの越前蕎麦粉は【福井在来種】を使用しています。

原料となる玄そばにより、そば粉の品質が異なります。玄そばの産地や品種を確かめてみてください。福井在来種の特徴は、小粒で実が硬く詰まっていること。そのため製粉が難しく、一粒の玄そばから取れるそば粉の割合も多くありません。希少で高価な玄そばで、美味しさには定評のある品種です。

日本では多くのそばの品種が栽培されていますが、全域で昔ながらの在来種を栽培している地域は福井県くらいではないでしょうか。

在来種は非常に弱く、他の遺伝子を受けやすいため、福井では在来種以外の品種の栽培は夏そばを除いては基本的に行っておりません。

福井は「福井在来種」を栽培してきましたが、福井県内でも土地によって自然環境や気候が微妙に異なります。土壌が在来種を育て上げ、今では大野在来種、丸岡在来種、南宮地在来種、今庄在来種など、今ではその土地ならではの在来種が栽培されています。

福井県の気候と玄そばの関係

福井県は日本の真ん中あたりで、日本海側に位置します。四季折々はっきりとした気候に恵まれており、地下に流れる澄んだ雪解け水もふんだんにあります。そば畑は高低差の少ない、年中乾燥しにくい、昼夜の寒暖差が大きい、そのような土地に広がっています。

今や全国的にも有名な蕎麦の産地となった福井県。主要産地は大野市・勝山市・福井市です。山間部でもそば畑が拡大傾向にあり、県内で栽培されている土地や環境によっても玄そばの違いがあります。

【福井在来種】は、県内栽培地でも山間部・都市部・平野部・盆地・平地でまず変わり、日照条件・気温・土質・水質に左右され、受粉に必要な虫の種類と数などで質が変わります。生産農家の手入れや土地に伝わる伝統栽培によって、今では土地柄が作り上げた在来種となっています。